産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物収集運搬業

全体計画

排出事業者が処分を委託した処分業者の所まで、積替せずに直接運搬を行なう。

普通産業廃棄物の種類及び運搬量(1ヶ月の数量)

汚泥 15,000~40,000t
廃酸 300~1,200t
廃アルカリ 800~1,600t
がれき類 100~1,800t
鉱さい 0~10t
廃油 0t
動植物残渣 0t
廃プラスチック類 0t
ガラスくず等 0t
金属くず 0t
ゴムくず 0t
木くず 0t
燃え殻 0t
ばいじん類 0t
13号廃棄物 0t

特別管理産業廃棄物の種類及び運搬量(1ヶ月の数量)

汚泥 100~200t
廃酸 2,000~5,000t
廃アルカリ 100~800t

収集の方法

排出事業者からの連絡により、排出現場へ出向き車輌に積み込む。積み込み完了後、排出事業者から交付されたマニフェストの内容を確認する。

運搬の方法

こちらの車輌にて運搬を行う。

環境保全措置

運搬中の飛散流出を防止するため、ダンプ車、ベッセル車にはシート掛け又はコボレーンの設置をしている。ローリー、バキューム、ブロアー車などについては、密閉式タンクを使用している。 また、少量の産業廃棄物の運搬には200ℓケミドラムや02ℓポリ容器を使用している。